So-net無料ブログ作成

無力 あまりにも [独り言]

あの日あの時、僕は塗装ブースの中でいつものように車に塗装を施していました。

塗っている最中何か眩暈のようなものを感じ、「疲れてるな」なんて思った矢先「ガリガリガリ」という天井の鉄柵がこすれる音と強烈な揺れ。

やばい、地震だ、と気がついたとき左方2メートルに「ガッシャ~ン」と落ちる鉄柵。

工場の外へ走ると女性事務員の悲鳴、倒れるロッカー、大きく揺れながらぶつかる車、かつて経験したことの無い地震だった。

揺れが収まる前に「わりぃけど帰る。」と言い残し車に飛び乗った。

まったく用を成さない携帯電話、家には長女がいるのだ、そして我が家には水槽をはじめ地震の際には凶器になりえる物が山ほどある

車で走っている最中でも感じるほどの地震が続く

封鎖される第三京浜を迂回し、通行止めの看板を無視して今井から横浜新道に突入、川上の「ここで降りろ」の電光も無視、料金所も突破。

原宿を迂回するため矢沢から裏道を急ぎ1時間弱で家に到着、幸い大した被害は無かった。

笑顔の長女を見て心の底から安心し、家族全員の無事を確認しまた安心。

安心と言うよりも「喜び」と言うべきか・

水槽も水はかなりこぼれたものの無事、倒れないもんだな~なんて思いながら付けたTV。

見たことも無いような数字と津波の映像

ここで大惨事がおきた事を認識した。

津波が怖いなんて常識で「知ってるつもり」だった

でもそれは間違いだと思い知らされた。

こんな事があって良いのか?と。

我が神奈川は被災していません、被災地の方々は想像を絶するような苦しい思いをしていることでしょう。

心よりお見舞い申し上げます。

私の家も海の近く、震源が近ければ同じような被害にあっていたかも知れません。

ここ数日の報道を見ながら「何かしなければ」と強く思う今日この頃です。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

イトちん

お世話様です
会社へ向かう車中で地震に遭いました
それでも半端のない揺れでした
自宅へ戻る途中ラジオから聞いたマグニチュード8.5
神奈川県東部で震度6強 (共に修正されましたね)
幼稚園にいる子とそれを迎えに行った妻を大きく心配しましたが
何事も無かったかのように帰宅((笑)
「あれ?なんでいるの??」
の発言にはさすがに「おぃw」と
つっこみを入れたくなりましたが
ひとまず安堵

福井県の知人が、たまたま東京へ出て来ていて
首都高の上で地震に遭遇
本気で死を覚悟したそうですが
なんとかその日のうちに福井へ帰途に付いたとの事

福島県在住の親戚がいるのですが、1~2日前に無事を確認
避難所にいるそうです
自宅も大きな損傷はないとの事
千葉県旭市にも親戚がいます
津波が自宅の目の前まで来たが無事との事

会社の上司が、福島第二原発での勤務直後に地震に遭い
避難所へ行ったのち難を逃れたそうです
12日の深夜に東京へ戻れたとの事

私の近辺は幸い全員無事でした
しかし、未だ安否不明の方が大勢います
一人でも多く無事でいる事を願うばかりです
by イトちん (2011-03-15 08:38) 

TSU-KA

>イトちん
身近な人に被害がなく何よりです。
まだまだ毎日揺れる日々が続いてる、お互い気をつけよう。
by TSU-KA (2011-03-16 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る